2007年10月30日

<京都精華大>DSで「大喜利」大会 エレキコミックも参加

 落語でおなじみの「大喜利」が楽しめるニンテンドーDS用ソフト「アルキメDS」を使ったゲーム大会が11月2日、京都精華大(京都市左京区)の学園祭であり、お笑いタレントのエレキコミックやゲームをプロデュースしたゲーム会社「猿楽庁」の橋本徹さんらのトークショーなども開かれる。参加無料。

 イベントは、同大デザイン学部ビジュアルデザイン学科でコンテンツデザイナー育成を担当する竹内一馬講師が、学生に「面白い場を創造する難しさ」を体感してもらおうと企画した。「アルキメDS」は、「大喜利」に特化したソフトで、ゲーム機の通信機能を使って、4人のうち1人が「お題」を出し、他の3人が回答、それを参加者が採点して勝ち負けを決めて楽しむゲーム。
    (引用 YAHOOニュース



参加は無料!じゃんじゃん参加しよう!!!
posted by キッツ at 10:02| ニンテンドウDS(DS)イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

インターチャネル・ホロン、「イース」初期2作品をDSで発売「イースDS」&「イースIIDS」

20071026-00000051-imp-sci-thum-000.jpg
株式会社インターチャネル・ホロンは、ニンテンドーDS用アクションRPG「イースDS」と「イースIIDS」を、2008年春に同時発売する。価格は各5,040円。

 「イースDS」および「イースIIDS」は、日本ファルコム株式会社のアクションRPG「イース」シリーズの第1作目と第2作目のDS版。「イース」シリーズは、'87年に第1作目が発売されて以来、多くのファンを獲得し、各プラットフォームに多数のタイトルを抱える人気シリーズで、累計380万本の販売実績を誇る。

 移植にあたっては、DSの特徴を生かしたタッチペンによる操作や2画面を生かしたインターフェイスを採用。原作の体当たりによる攻撃だけではなく、“剣を振る”アクションや“コンボ”の要素が追加され、よりアクション性の高いシステムに進化している。

 また、「イースDS」には新マップ「バギュ=バデット」が追加され、新しい敵キャラクタとボスキャラ「ペトロレクス」も登場する。

 「イースDS」、「イースIIDS」ともに、DSワイヤレス通信に対応。敵を倒した際に出現するアイテム (「イースDS」では「ロッド」、イースIIDS」では「オーブ」) を、制限時間内にいくつ集められるかを競う通信対戦モードが搭載されており、最大4人で同時プレイが楽しめる。

 ゲームモードは、「Very Easy」、「Easy」、「Normal」、「Nightmare」の4種類の難易度から選択可能。さらに本編を1度クリアすると、「タイムアタック」と「MUSIC MODE」が出現する。
    (引用 YAHOOニュース



ファンには嬉しい「イースDS」と「イースIIDS」が、
年春に同時発売だ!!!

posted by キッツ at 10:03| 任天堂DSソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

DS専用のワンセグ機器 11月20日発売へ

20071025-00000013-maiall-game-thum-000.jpg
任天堂は25日、ニンテンドーDSでワンセグ(携帯機器向けの地上デジタル放送)が視聴できる周辺機器「ワンセグ受信アダプタ DSテレビ」を11月20日に発売すると発表した。同社サイトのみでの販売で、11月8日から予約を受け付ける。6800円。

 機器はDS本体にアダプタを差し込むことで、DSの上画面がテレビになる。下のタッチパネル画面でチャンネルを切り換えたり、自由にメモを取ったりできる。
   (引用 YAHOOニュース



携帯だけでなく、ゲーム機のDSでもワンセグが視聴できちゃうなんて〜
凄い時代になりましたね(笑)!!

posted by キッツ at 10:05| ニンテンドウDS(DS)新商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

元気、DS「馬主ライフゲーム ウィナーズサークル」プロデューサーにゲームシステムの裏側を聞く

20071024-00000030-imp-sci-thum-000.jpg
元気株式会社から10月18日に発売されたニンテンドーDS用馬主ライフゲーム「ウィナーズサークル」。前回の記事では、ゲームの基本的な流れを紹介したが、今回は通信機能を使った対戦やデータのやり取りを紹介する。また、記事後半ではプロデューサーの小林学氏に、配合や競走など、攻略に役立つお話を伺ったので、プレイしている人は参考にしていただきたい。

 通信機能は、近くのプレーヤーと直接繋ぐDSワイヤレスプレイと、Wi-Fiコネクションの両方に対応。お互いが育てた競走馬同士でレースを行なう対戦モードのほか、種牡馬の種付け権、繁殖牝馬、幼駒をプレゼントすることができる。

 対戦は、まず馬主モードで現役競走馬を対戦用に登録するところから始まる。この際、競走馬の能力はもちろん、馬齢や性別、調子、疲労などのパラメータがそのまま登録されるので、当然調子のいい時に登録するのがベター。また、対戦レースの舞台は、地方、海外も含めた全重賞レースからいずれかを選択するため、例えば日本ダービーで勝負という場合は3歳馬というように、レース条件も考慮する必要がある。

 DSワイヤレスプレイでの対戦は、自分でレースを開催する、もしくは他の人の開催するレースに参加する形で行なわれる。レースは単独レースのほかに、登録されている複数のレースを通して優劣を競う「シリーズ戦」が用意されている。レース終了後は、対戦した相手の馬を保存したり、相手をフレンド登録することができる。1度保存した相手の馬は、1人対戦で出走させることができるので、自分に強い馬ができたときに腕試しに競走させてみるのもいいだろう。

 Wi-Fiコネクションでは、家にいながら遠くのプレーヤーと対戦可能。フレンド登録しているプレーヤーと対戦する「指定レース」と、フレンド登録していないプレーヤーと対戦する「交流レース」の2種類のモードがある。プレーヤーの検索はお互いが対戦モードにセットしておく必要があるので、友達と対戦する場合には、携帯電話やメッセンジャーなどで連絡をとりながら待ち合わせることをオススメする。
    


もっと詳しく読みたい方は次項有 (引用 YAHOOニュース


posted by キッツ at 09:53| 任天堂DSソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

ゲームテック、DSカードを24枚収納できるホルダーを発売

20071023-00000075-zdn_g-game-thum-000.jpg
ゲームテックから、DSカード&マニュアルホルダー「カード&マニュアルホルダー24」が10月26日に発売される。ブラック、ライトブルー、アイボリー、ブラウンの4色が用意されており、価格はそれぞれ1680円(税込)。

カード&マニュアルホルダー24にはDSカードを24枚、取扱説明書を4冊収納可能。クリアポケットを採用しているので、収納したままゲームタイトルや取扱説明書のタイトルが確認できる。ホルダーにはゴムベルトが用意されており、ページを開いた際の固定ようとして利用できる。止めベルトには開閉しやすいマグネットホックを採用。
    (引用 YAHOOニュース



クリアポケットを採用しているので、収納したままゲームタイトルや取扱説明書のタイトルが確認できる!
便利ですね!!!


posted by キッツ at 09:52| ニンテンドウDS(DS)新商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

元気、DS「馬主ライフゲーム ウィナーズサークル」本日発売ゲームの流れなどを紹介

20071018-00000008-imp-sci-thum-000.jpg
元気株式会社が10月18日に発売する、ニンテンドーDS用馬主ライフシミュレーション「ウィナーズサークル」。発売前にプレイする機会をいただいたので、ゲームの感触とともに、内容を紹介する。

 まずは基本情報から。DS「ウィナーズサークル」は、競走馬の馬主となり、競馬界で大レースの制覇を目指す競馬シミュレーションゲーム。価格は5,040円。CEROレーティングはA (全年齢対象)。

 プレーヤーは1人の馬主となるが、実際には競走馬の生産牧場のオーナーともなるため、いわゆる“オーナーブリーダー”としてプレイすることになる。ゲームをスタートすると、プレーヤーの名前、勝負服、競走馬に付ける冠号(最近の例では「アドマイヤ」や「ダイワ」などのように馬名に付ける言葉)といった馬主情報のほかに、牧場名を決めていく。

 スタート直後は当然のごとく牧場には1頭もいない状態。そこで候補の中から好きな繁殖牝馬1頭が与えられ、ここから馬主としての人生がスタートする。ここには、ウインドインハーヘア(ディープインパクトの母) など、競馬ファンなら一度は耳にしたことがある、かなりの能力を秘めた馬が並ぶようだ。ただし馬齢はすべて15歳となっており、1回の種付け、出産で引退する。ようするにこの繁殖牝馬を通して、種付けから生産、競走馬としてのデビュー、繁殖牝馬の引退と、生産者としての一連の流れが経験できるようになっている。また、繁殖牝馬の質が高いことから、産駒はかなりの確率で勝ち上がるので、競走馬の馬主としての流れも理解できるだろう。

 操作はすべてタッチペンですることも、また十字キーとボタンのみでも可能で、好きなスタイルでプレイできる。また、ゲーム中にYボタンを押すと、何度でも説明を読み返せるなど、全般的にゲーム初心者に配慮した設計となっている。

■ 牧場のオーナーとしてのプレーヤー

 プレーヤーは馬主と生産者の2つの顔を持つ。まずは生産者・牧場オーナーとして、やること、できることを紹介する。



もっと詳しく知りたい方は次項有引用 YAHOOニュース



posted by キッツ at 10:11| 任天堂DSソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

「ルーンファクトリー2」のPVを期間限定で公開

20071017-00000005-zdn_g-game-thum-000.jpg
マーベラスエンターテイメントから2008年1月3日に発売されるニンテンドーDSソフト「ルーンファクトリー2」のプロモーションビデオが、本日から期間限定で公開された。

このプロモーションビデオは東京ゲームショウバージョンのもので、ゲーム内容やオープニングの一部を見ることができるようになっている。

 このほか、セシリア役の立野香菜子さん、マックス役の中尾良平さん、ロザリンド役鎌田梢さんのボイスコメントも10月12日〜10月26日までの期間限定で公開されている。なお10月19日までは、ドロシー役の能登麻美子さん、アリシア役の安田美和さん、ヘリチャコス役の藤本たかひろさんのコメントも公開される。

ルーンファクトリー2  

ジャンル   ファンタジー生活ゲーム

対応機種   ニンテンドーDS 

発売日   2008年1月3日予定

価格(税込)   5040円
      (引用 YAHOOニュース

    
posted by キッツ at 10:17| 任天堂DSソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

任天堂の時価総額、初の10兆円突破

携帯ゲーム機「ニンテンドーDS(DS)」や据え置き型ゲーム機「Wii」のヒットで業績が好調な任天堂が、15日の東京株式市場で一時7万1500円まで買われ、11日の上場来高値6万9500円を更新した。終値は前日比3800円高の7万1200円。時価総額は10兆868億円に達し、初めて10兆円を突破した。時価総額上位ランキングでは、トヨタ、三菱UFJに次いで3位。
 「週刊ファミ通」などを発行するエンターブレインは12日、年末商戦以降のゲーム業界について「年末も任天堂の圧勝が続く」との見通しを示した。同社の調べによると、平成19年上半期(4−9月)のゲーム市場の規模はハード、ソフトを合わせて約4820億円。すでに前年度の4分の3近くに達している。任天堂がハード、ソフトとも好調で市場を引っ張った格好だ。DSは販売台数2000万台に迫る勢いで、浜村弘一社長は「近い将来に3000万台も視野に入る」としている。
 一方、「プレイステーション2」でゲーム市場の中心を占めていたソニー・コンピュータエンタテインメントは、新型の家庭用ゲーム機「プレイステーション3」が伸び悩み、携帯型でもDSに差を付けられている。人気タイトルの発売が見えず、年末商戦も任天堂の優位性は崩れないとの見方が大勢を占めている。
    (引用 YAHOOニュース



10兆円・・・・想像できない金額です!!!
posted by キッツ at 10:12| ニンテンドウDS(DS)ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

<くにおくん>DSで復活 超過激なドッジに挑戦 アークシステムワークス

20071014-00000006-maiall-game-thum-000.jpg
80年代に熱血のドッジボールを繰り広げ、大活躍した“正義の不良”くにおくんが、ニンテンドーDSで復活する。「超熱血高校くにおくんドッジボール部」として、パンチやキック、武器攻撃を“解禁”し、さらに熱い戦いに挑む。発売日と価格は未定。

 「超熱血…」では、熱血高校のくにお、花園高校のりきらが、相手チーム全員を倒すまで続けるというルールでドッジボールを展開する。伝説の「なっつしゅーと」などファミコン版で17種類だった必殺シュートが一挙に100種類以上となったほか、最大8人までの対戦やオリジナルキャラ作成など新要素が加わり、パワーアップした。
    (引用 YAHOOニュース



懐かしい人もいるでしょう!!
ファミコン版では味わえなかった、必殺シュートが100種類以上
加わり、さらに、面白いものになっているでしょう!!!


posted by キッツ at 10:13| 任天堂DSソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

アーケードでおなじみのブロックくずしがDSに登場タイトー、DS「アルカノイドDS」

20071011-00000006-imp-sci-thum-000.jpg
株式会社タイトーは、ニンテンドーDS用ブロックくずし「アルカノイドDS」を、12月6日に発売する。価格は、ソフト単体版が3,990円、「パドルコントローラDS(白)」同梱版は5,040円。パドルは単体でも4色が同時発売され、価格は各1,800円。

 「アルカノイドDS」は、'86年にアーケード用として登場したブロックくずし「アルカノイド」シリーズの最新作。DS版では、ステージ構成やシステムなどをDS向けに最適化。さらに専用パドルコントローラを使うと、「アルカノイド」の本当の楽しさが味わえる。

 ゲーム内容は基本的に「ブロックくずし」で、「バウス」と呼ばれる自機を操り、エナジーボールを跳ね返して、画面上部に配置されたさまざまなパターンのブロックを破壊していく。画面内の全てのブロックを壊すとクリア。自機の下には「バリア」がはられており、一発死を防いでいる。

 ゲームモードは多数用意されており、ここでは「CLEAR GAME」、「QUEST GAME」、「DECORATION」の3モードを紹介する。

 「CLEAR GAME」は、ゾーンを選択し、1ラウンドずつクリアしていくモード。1ゾーンは5ラウンドで構成されており、7ゾーン35ラウンドをクリアするとオールクリアとなる。ゾーンは全部で28あり、簡単なストーリー仕立ての謎解きが用意されている。このモードのハイスコアは、Wi-Fiコネクションを使ってランキング登録することができる

 「QUEST GAME」は、「CLEAR GAME」でクリアしたラウンドを1面ずつ自由に選択してプレイするモード。このモードでは、選択するラウンドによって、クリア条件が異なるのが特徴となっている。

 「DECORATION」は、ゲームをプレイして貯めたポイントで、デコレートする素材を購入し、画面をデコレートするモード。素材はゲーム内の「SHOP」で購入でき、約100種類の影が身やフレーム、ブロック、バウス、SE(効果音)、BGMなどが用意されている。

(C)TAITO CORP.1986,2007
※このゲーム画面は現在開発中のものです 。
     (引用 YAHOOニュース



専用パドルコントローラを使うとさらに、「アルカノイド」の本当の楽しさが味わえる!!

posted by キッツ at 13:05| ニンテンドウDS(DS)新商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

「脳内エステ IQサプリDS2 -スッキリキング決定戦-」登場

スパイクから、ニンテンドーDSソフト「脳内エステ IQサプリDS2 -スッキリキング決定戦-」が11月29日に発売される。価格は4179円(税込)。公式サイトも本日オープンした。

 「脳内エステ IQサプリDS2 -スッキリキング決定戦-」は、昨年12月に発売された「脳内エステ IQサプリDS」の後継ソフト。「IQ都道府県」や「ひらがな計算式」などの新サプリのほか、ゲームオリジナルの問題も収録。全13種類のサプリを楽しめる。4人までのDSダウンロードプレイ機能を搭載しているほか、ヒント機能を充実。ブラックマスターや名探偵加恋をはじめとした新キャラクターも登場する。

脳内エステ IQサプリDS2 -スッキリキング決定戦-  

ジャンル   スッキリ美脳ソフト

対応機種   ニンテンドーDS

CERO   A区分(全年齢対象)

発売日   2007年11月29日発売予定

価格(税込)   4179円

     (引用 YAHOOニュース



「脳内エステ IQサプリDS2 -スッキリキング決定戦-」
パワーアップしてやってきた!!!チャレンジしてみてね!


posted by キッツ at 10:01| 任天堂DSソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

ハドソン、パズルシリーズの新作2タイトルを同時発売「クロスワードDS+世界1周クロス」、「イラストロジックDS+からふるロジック」

20071005-00000016-imp-sci-thum-000.jpg
株式会社ハドソンは、ニンテンドーDS用パズルゲーム「クロスワードDS+世界1周クロス」と「イラストロジックDS+からふるロジック」を、10月25日に同時発売する。価格はいずれも2,940円。

 同社はこれまでに、2006年3月の「ジグソーパズル」、「クロスワード」、「SUDOKU 数独」を皮切りに、13タイトルの「パズルシリーズ」をDS向けに発売。人気キャラクタを使用したジグソーパズルなども合わせると、累計60万本以上を売り上げた人気シリーズになっている。

 今回の2タイトルは、従来の「パズルシリーズ」を装いも新たにして発売される作品で、従来作品に新機能を追加するなど、より進化した内容となっている。

■ 「クロスワードDS+世界1周クロス」

 「DSパズルシリーズ Vol.2 クロスワード」に収録されていた、従来のタイプのクロスワードに加え、「世界1周クロス」、「モンスタークロス」という3種類のクロスワードを、全265問収録。このほか、前作に比べ、文字認識力の向上が行なわれ、ヒント機能も搭載されている。

 従来タイプのクロスワードとして、7×7、9×9、11×11、13×13、15×15の5段階のクロスワード問題を収録。実力を試す「クラス認定クロス」も用意されている。

 「世界1周クロス」では、イタリア、ドイツ、フランス、スペイン、オランダ、タイ、ベトナム、香港、韓国、オーストラリア、ハワイ、アメリカ、メキシコ、ブラジルなど、世界各地の観光名所にちなんだ問題が出題される。

 「モンスタークロス」は、25×30というビッグサイズのクロスワード問題。パズルを完成させるには300を超えるカギを解く必要がある。

■ 「イラストロジックDS+からふるロジック」

 通常のイラストロジックに加え、色の要素を追加した「からふるロジック」、複数パズルを組み合わせた「あわせるロジック」の3種類のロジックパズルを全400問収録。

 通常のイラストロジックは、「動物」や「生活」、「建築物・風景」、「ハドソン」の5つのカテゴリー別に計215問が登場。「ハドソン」カテゴリーでは、「ボンバーマン」や「スターソルジャー」などの、同社製ファミコン用ゲームのイラストが出題される。

 「からふるロジック」は、数字に加え、色もヒントになったロジックパズル。パズル雑誌を発行している日本文芸社から提供された100問が収録されている。

 「あわせるロジック」は、15×15と20×20の複数のパズルを解いて組み合わせると、巨大なイラストが完成するパズル。

 また、DSのダウンロードプレイに対応しており、「あわせるロジック」以外の1度解いた問題の中から好きな問題を、「お試し版」として、ほかのDSに送ることができる。
    (引用 YAHOOニュース




「クロスワードDS+世界1周クロス」、「イラストロジックDS+からふるロジック」、どちらも魅力的ですね!!!
 どっちを先にするか悩んじゃいます(笑






posted by キッツ at 10:11| 任天堂DSソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

テレビアニメや実写映画になった人気作がDSでゲーム化!マーベラスエンターテイメント、DS「蟲師 〜天降る里〜」

20071002-00000030-imp-sci-thum-000.jpg
 株式会社マーベラスエンターテイメントは、ニンテンドーDS用「蟲師 〜天降る里〜 (あめふるさと)」を今冬に発売する。価格は5,040円。

 本作の原作である「蟲師」は、月刊アフタヌーン(講談社刊)にて連載中の漆原友紀氏原作のコミック。独特の世界観と生命観、郷愁に満ちた物語などがマンガファンだけではなく、幅広い層から人気を集め、2005年10月にはフジテレビ系列でテレビアニメ化され、さらに今年3月には監督・大友克洋、主演・オダギリジョーによる実写映画が公開されている。

 原作は、“ヒト”と“蟲”の世を繋ぐ蟲師・ギンコの旅路を描いた作品。この“蟲”とは、動物でも植物でもなく、微生物や菌類とも違う、命の原生体に近い存在のこと。それらは形や存在が曖昧で、ヒトと蟲が重なるときに発生する人智を超えた妖しい現象により、ヒトは蟲の存在を知るという。

 ゲームでは、プレーヤーは1人の新米蟲師の少年(少女)として「蟲師」の世界に足を踏み入れる。まだ蟲師になりたてな主人公は、自分の住む集落に生息している蟲を採取し、蟲の記録をつけることで経験値を獲得。その経験値が高まるに連れてゲームオリジナルのメインストーリーが進行する。

 DS版の開発にはアニメのスタッフが集結。監修は原作者の漆原友紀氏とアニメ版監督の長濱博史氏、キャラクタデザインもアニメと同じ馬越嘉彦氏、シナリオはアニメ版1話などを担当した桑畑絹子氏が名を連ねている。ボイスキャストは、ギンコ役が中野裕斗さん、狩房淡幽役は小林愛さん、ナレーションは土井美香さんが担当する。
    (引用 YAHOOニュース



アニメ、映画、そしてDSソフトで、人気間違いなしですね!!!

posted by キッツ at 10:22| 任天堂DSソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

スクウェア・エニックス、DS「ファイナルファンタジーIV」ボイスキャスト発表

20070928-00000020-imp-sci-thum-000.jpg
株式会社スクウェア・エニックスは、12月20日発売予定のニンテンドーDS用RPG「ファイナルファンタジーIV」の登場キャラクタの担当声優を発表した。

 DS「ファイナルファンタジーIV」は、'91年に発売されたスーパーファミコン版「ファイナルファンタジーIV」を、DS用にフルリメイクした作品。SFC版オリジナルスタッフと、ミリオンタイトルとなったDS版「ファイナルファンタジーIII」の開発スタッフが手を組み、原作のドラマチックなストーリーを、新たに追加された声による演出とともに、フル3Dグラフィックスで再現している。

 そのキャラクタの声を担当する声優陣が明らかになった。俳優の鹿賀丈史さんをはじめ、釘宮理恵さん、玄田哲章さん、銀河万丈さんなど、豪華なキャストラインナップとなっている。
 (引用 YAHOOニュース



声優さんも豪華顔ぶれ!!
12月が楽しみですね!!!

posted by キッツ at 09:57| 任天堂DSソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

バンダイナムコゲームス、DS「テイルズ オブ イノセンス」爽快感を実現した新バトルシステムの詳細を公開

20070928-00000032-imp-sci-thum-000.jpg
株式会社バンダイナムコゲームスは、12月6日に発売を予定しているニンテンドーDS用RPG「テイルズ オブ イノセンス」の最新情報を公開した。

 今回公開された情報は、バトルシステムの詳細と旅の仲間「エルマーナ・ラルモ」と「アンジュ・セレーナ」の2人のプロフィール。そして、前回紹介した予約キャンペーンで入手することができる「ボイスアドベンチャーDVD(仮)」の追加情報をお伝えする。

 「テイルズ オブ」シリーズといえば、RPGの戦闘シーンにおいて独自のシステムを採用していることでも知られているが、本作では3Dの奥行きを最大限に利用でき、自由にバトルフィールドを駆け回ることができたPS2「テイルズ オブ ジ アビス」の「フレックスレンジ リニアモーションバトルシステム(FR-LMBS)」と、バトルフィールドに“高さ”という新たな視点を提示し、コンボを繋げる楽しさを表現したPS2「テイルズ オブ デスティニー(セルフカバー版)」で採用された「エアーリアル リニアモーションバトルシステム」を融合した「ディメンション スライド-リニアモーションバトルシステム(DS-LMBS)」を採用している。

 自分の操作するキャラクタが行動不能になっても、仲間(AI)の助けを待たずにキャラクタチェンジし、救出に向かう、反撃する、などの行動が簡単にできるようにと、パーティーキャラクタをLボタンひとつでチェンジすることが可能となった。この他にも、DS-LMBSの採用に加え操作性の向上もプラスされたことによって、自由にバトルフィールドを駆け回り、敵を空中に打ち上げ、さらにコンボを繋げていくことができるという。従来のシリーズ以上に爽快感のあるバトルを楽しむことができるようだ。



もっと詳しく知りたい方はパスワード引用 YAHOOニュース

posted by キッツ at 10:02| 任天堂DSソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。