2007年06月20日

ゲーム紹介:いただきストリートDS ドラクエ&マリオとすごろく対決

20070619214840_1.jpg
「ドラクエ」の堀井雄二さんが手掛けた定番ボードゲームがDSに登場。「スライム」「ビアンカ」らドラクエシリーズのキャラクターに、「マリオ」「ピーチ姫」などマリオシリーズのキャラクターも“競演”する豪華版だ。
ゲームは、さいころの数だけ進むすごろくスタイルのボードゲーム。止まったマスの物件を購入すると、その物件に止まったプレーヤーから「買い物料」を徴収できる。自分の物件に止まると、増資をして買い物料の増額が可能で、同じエリアの物件を複数購入して、それぞれの物件の価値が上げて、買い物料も増やせる。一番最初に目標金額を達成し、スタート地点の城に戻れば優勝だ。

 ゲームのポイントは「株」。銀行でエリア別の株を購入すると、そのエリアにある物件の価値によって株価が変動する。株を買ってから物件に増資すると、株価がはね上がって資産額が倍増するので、増資のタイミングも重要だ。さらに、他のプレーヤーが買い占めているエリアの株をたくさん持つことで、間接的に増資を邪魔することもできる。

 プレーヤーは、たくさんのパーツから髪型や服などを選んで、自分のキャラクターを作成する。ゲームに勝利するともらえるコインを集めると、「きせかえショップ」でキャラクター用の装備アイテムを買うことができる。100種類以上あるアイテムは、手に持つものや、頭や体に着けるものが用意され、自分だけのコーディネートを楽しめる。

 スライムやマリオらおなじみのキャラクターは対戦相手として登場。地道な堅実派の神官のクリフト(ドラクエ4)など、それぞれ個性的な戦い方でプレーヤーの行く手をはばむ。マップには、ドラクエ8の「トロデーン城」やマリオカートの「マリオサーキット」など、名作の舞台が登場する。

 ボードゲーム最大の楽しみでもある対戦プレーも充実。DSとソフトを持ち寄る通常のワイヤレス対戦のほか、DSを持ち寄ってのダウンロード対戦、さらに Wi-Fiコネクションを使ったネットワーク対戦も楽しめる。マリオたちと競い合って、自信がつけば対戦に挑戦してみよう。

いただきストリートDS(DS) 1〜4人用 CEROレーティングA(全年齢対象) スクウェア・エニックス 5040円 6月21日発売
  (引用 YAHOOニュース





posted by キッツ at 10:02| ニンテンドウDS(DS)ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。