2007年10月03日

テレビアニメや実写映画になった人気作がDSでゲーム化!マーベラスエンターテイメント、DS「蟲師 〜天降る里〜」

20071002-00000030-imp-sci-thum-000.jpg
 株式会社マーベラスエンターテイメントは、ニンテンドーDS用「蟲師 〜天降る里〜 (あめふるさと)」を今冬に発売する。価格は5,040円。

 本作の原作である「蟲師」は、月刊アフタヌーン(講談社刊)にて連載中の漆原友紀氏原作のコミック。独特の世界観と生命観、郷愁に満ちた物語などがマンガファンだけではなく、幅広い層から人気を集め、2005年10月にはフジテレビ系列でテレビアニメ化され、さらに今年3月には監督・大友克洋、主演・オダギリジョーによる実写映画が公開されている。

 原作は、“ヒト”と“蟲”の世を繋ぐ蟲師・ギンコの旅路を描いた作品。この“蟲”とは、動物でも植物でもなく、微生物や菌類とも違う、命の原生体に近い存在のこと。それらは形や存在が曖昧で、ヒトと蟲が重なるときに発生する人智を超えた妖しい現象により、ヒトは蟲の存在を知るという。

 ゲームでは、プレーヤーは1人の新米蟲師の少年(少女)として「蟲師」の世界に足を踏み入れる。まだ蟲師になりたてな主人公は、自分の住む集落に生息している蟲を採取し、蟲の記録をつけることで経験値を獲得。その経験値が高まるに連れてゲームオリジナルのメインストーリーが進行する。

 DS版の開発にはアニメのスタッフが集結。監修は原作者の漆原友紀氏とアニメ版監督の長濱博史氏、キャラクタデザインもアニメと同じ馬越嘉彦氏、シナリオはアニメ版1話などを担当した桑畑絹子氏が名を連ねている。ボイスキャストは、ギンコ役が中野裕斗さん、狩房淡幽役は小林愛さん、ナレーションは土井美香さんが担当する。
    (引用 YAHOOニュース



アニメ、映画、そしてDSソフトで、人気間違いなしですね!!!

posted by キッツ at 10:22| 任天堂DSソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。